​補綴治療

虫歯などで大きく欠損した歯の形態を修復する治療法になります。

コンポジットレジンでは対応が難しい力がかかる奥歯や、高いレベルでの審美的改善が必要な場合に行うことが多いです。

治療中は仮の歯を付けるため、食事、見た目に困ることが少ないです。

被せ物は卓越した技工士が作製するため、適合、審美性共に高いレベルの修復が可能です。

 

歯科機械・技術の進歩はめざましいものがありますが、完全な機械化・自動化では質の高い被せ物は作れません。その為、最終的な調整は技術力の高い技工士の手作業が必要になります。

定期的なメンテナンスで良い状態を維持することができます。

 

治療の流れ ①診査診断 ②形成 ③型取り ④完成

 

治療費 

初診費 8,800円/回

型取り 22,000円/回

PGA(金属)            99,000円/歯

PFM(金属+セラミックス)     132,000円/歯

PFZ (ジルコニア +セラミックス) 132,000円/歯

ガラスセラミックス          88,000円/歯

フルジルコニア              88,000円~110,000円/歯

診査診断・形成・完成前の調整・色の確認など   16,500円~22,000円/回

​    

*その他、歯の状態に応じて様々な材料があります。

参考症例

_DSC0127.jpg
_DSC6217.jpg

術前

_DSC6874.jpg

PFZ-set

右上前歯の変色歯。ホワイトニングを行うも後戻りするため、被せ物による審美回復を選択。歯の中も変色している

_DSC7228.jpg
_DSC6898.jpg
_DSC7233.jpg
_DSC7229.jpg

優秀な技工士と歯科医師の連携により、適合精度を兼ね備えた、満足度の高い審美回復が可能となる。

_DSC3070.jpg
_DSC3073.jpg
_DSC5756.jpg

術前

フルジルコニア Br-set

歯根破折で奥歯を抜歯。隣在歯を切削しブリッジをセットした。強度と審美性を兼ね備えたフルジルコニアを選択。天然歯と比べても違和感は少ない。

_DSC3574.jpg
_DSC3741.jpg

フルジルコニア-set

術前

金属が外れ、中が虫歯になってしまった。透過性の良いジルコニアを選択

_DSC4978.jpg
_DSC5141.jpg

フルジルコニア-set

術前

​合っていない金属を外しジルコニアに置き換えた

pfz (1 - 2).jpg
pfz (2 - 2).jpg

PFZ-set

術前

審美性と強度を兼ね備えたPFZを選択

pfz bridge (1 - 2).jpg
pfz bridge (2 - 2).jpg

術前

PFZ Br-set

抜歯後の欠損を回復させるためにブリッジを選択

e-max (6 - 6).jpg
e-max (5 - 6).jpg

ガラスセラミックス-set

術前

あまり力がかからない場所なのでガラスセラミックスを選択

e-max (2 - 6).jpg
e-max (1 - 6).jpg

ガラスセラミックス-set

術前

審美性重視に透過性の良いガラスセラミックスを選択

pga (2 - 2).jpg
pga (1 - 2).jpg

PGA-set

術前

​複雑な形態修復のため金属を選択。場合によっては金属を勧ることもある