根管治療

・虫歯や歯周病などによって、歯の中の歯髄(神経・血管)が細菌感染

・外傷などによって、歯髄が壊死

・根管治療済みではあるが再感染(腫れ、痛み)

このような場合、根管治療(歯の根の機械的清掃・化学的清掃)が必要になります。

歯を長期間良い状態に維持するための重要な基礎治療です。

白い被せ物(セラミックス・レジンなど)を歯に付けたとしても、歯の中が綺麗になっていないとトラブルの原因になります。

 

当院ではマイクロスコープを用いて精密な治療を行っております。

治療中は口の中の汚れ(細菌・唾液など)の混入防止、化学的洗浄剤(次亜塩素酸ナトリウム・EDTAなど)の誤嚥防止のため治療歯にゴムのシート(ラバーダム)を装着し、Ni-Tiファイルを使用しながら感染した汚れを除去していきます。

確実な清掃を行うため、手間と時間がかかる治療になります。

1回の治療が約60〜90分かかります。

治療後は仮の歯を付けるため、食事、見た目に困ることが少ないです。

治療の流れ​ ①診査診断 ②根管清掃の準備(虫歯の除去や仮歯の作製) ③根管清掃 ④根管充填

​治療費

初診費        8千円+税/回

根管治療 1万5千円〜2万円+税/回

治療回数の目安  前歯  2〜3回

         小臼歯 3〜4回

         大臼歯 3〜5回

*根管形態や難易度は多岐にわたるため、参考回数です。適切な根管治療をされている歯であれば再治療でも回数が少なくて済むことがありますが、不適切な根管治療をされている歯の再治療は、その不適切分の改善もする必要があるため、回数が多くなることがあります。

根管治療症例

​根管治療後、35年で歯根破折(紫矢印)にて抜歯になりました。歯をよく観察すると、根管充填剤が流れていないところが散見されます(赤矢印)。

マイクロスコープで状態を確認しながら、機械的根管清掃、化学的根管清掃を行い、根管の細い空間や(青矢印)、根管の形態に沿った緊密な充填(緑矢印)を心がけ、細菌による再感染が極力起こらないようにしています。

Copyright © 2018 Marumori Dental Clinic All RightsReserved.