ラバーダム防湿

歯科治療の中で“防湿・ぼうしつ”は重要なテクニックの1つです。

その中で、ラバーダムによる防湿は歯科治療の成功のカギを握っています。

なぜ、歯科治療には防湿が必要なのしょうか?


歯に青色のゴムのシート(ラバーダム)をつけている
接着面に唾液が触れないようにセラミックを接着させることが大切

マイクロバイオーム

口の中には多くの微生物(細菌)が、唾液、舌、歯肉、頬など、いろいろな部位に集団形成し生息しています。そのような状態をマイクロバイオームと言います。そのため、歯に唾液や細菌が付いた状態で、歯科の材料を歯に付けても、後々、歯の中で細菌増殖し痛みが出たりすることが考えられます。


湿度

口の中は絶えず、湿度が高い状態です。唾液はもちろん、肺から湿った呼気が出てくるため、これらを遮断し、出来るだけ乾燥状態で歯科の材料を使うことが、材料性能を最大限に発揮させる最大のポイントです。


そのため、細菌・唾液を遮断するために、ラバーダムというゴムのシートを歯に付けて防湿することが大切です。


上の前歯が欠損 隣の歯を出来るだけ削らない治療法を選択
確実な接着が求められるため、ラバーダムを装着した

また、その他にも


誤嚥防止

治療時の薬剤、被せ物、被せ物や虫歯(細菌感染した歯)の削りカス、などを間違って飲み込む(誤嚥)しないようにする。


視野の明瞭化

治療する歯に視点を集中しやすくなったり、頬や舌が圧排されるため、治療する歯が見やすくなり治療がしやすい。


などのメリットがあります。状態によってはラバーダムができない歯もありますが、可能な限り、ラバーダムで歯を防湿することが重要です。当院では、これらのメリットを患者さんに説明し、様々な治療に取り入れています。


ラバーダムを装着し、セラミックス(フルジルコニア)の被せ物を接着させる

特に根管治療(歯の根の治療)にはラバーダムは必須 細菌の混入を防いだり、
根管洗浄液が口の中に漏れないようにする
ラバーダムを歯に密着させるシーリング剤も併用し、安全な治療を心がけることが重要